読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒツジくんの日記

仕事、育児、趣味、考えたことを徒然なるままに。

大いなる地への旅立ち

展示会を見に行くために田町駅から東京ビッグサイトに行くことになりました。

東京ビッグサイトといえばお台場の先という事で、確かゆりかもめとかいうクソ高くて狭いモノレールに乗っていけばいいはずです。

いつもならグーグルマップを立ち上げ最寄りのモノレールの駅を探すところなんですが、スマホを開いたところでハタと思いました。

「俺たちはいつの間にか文明の利器に頼りすぎてしまっているのかもしれない。そうだ、自力でモノレールの駅を探そう!

と。


そんな訳で、ファイナルファイトのハガー市長よろしく「デヤア!!」という掛け声と共にスマホの電源をオフって、周囲を見渡せば、あるじゃないですか、モノレールの高架が。

そうだ、あのレールの下の道を歩いていけば、芝浦ふ頭駅とかそんな雰囲気の駅につくはずだ。

そして、モノレールはやがて俺を大いなる地(ビッグサイト)へといざなってくれるに違いない。

私は颯爽と歩き始めました。

スマホを手放して周りの人々を見渡せば、スマホ歩きをしている人ばかりではありませんか。
全く、機械文明に溺れた烏合の衆ばかりです。


私はそんな彼らを一瞥した後、ムスカ大佐よろしく

「バカどもには丁度いい目くらましだ」

と、唾吐きすり抜けてrunaway。




40分後…………





あッれれえええ?ぜんぜん着かないお?


そろそろ駅のかけらぐらい見えてきてもいいはずなのですが、見えてくるのは殺風景な巨大倉庫や無機質なビル群ばかりです。


おかしい。


私の計算ではそろそろお台場の『お』の字が見えてきて、フジテレビ本社のあの銀色のタマキンみたいな変なモニュメントの前に立っているはずなのに!

あっ!フジテレビ見えた!!!



ん?
(ゴゴ)

あれ?
(ゴゴゴ)



てゆうか、
(ゴゴゴゴゴゴ)


あの銀タマキン、最初見た時より小さくなってねえか?
(ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ)


だが、私は今も間違いなくモノレールらしき架線の下を歩いているはず。
しかも何度か走り過ぎるモノレール自体も見た。
あれは間違いなく東京モノレールだ!
そうだ、東京モノレール


ん?


東京モノレール


何かが私の中でかさりと音を立てました。


遠ざかるお台場、殺風景な倉庫群、そして東京モノレール

バラバラだったパズルの最後の1ピースが、今カチリと音を立ててはまりました。

謎は全て解けた。
整いました(だいぶ古いですね)


どうやら私はお台場行きのゆりかもめのレールではなく、羽田空港行きの東京モノレールのレールを歩んでいたようです。

その瞬間、何だかもう、海外に高飛びしたくなりました。






(以下、村上春樹的妄想)

私は空港のチェックインカウンターでパスポートを出した。
受付嬢は双子で、とても素晴らしい形の耳をしていた。

「それで」と左の娘が口を開いた。

「あなたはどこへ向かうつもりなのかしら」
彼女は冬眠から目が覚めたばかりの子熊のように私に問いかけた。

「よくわからないな」私は答えた。

「ヨルダンに行きたいのかもしれないし、熱海の秘宝館でもいいのかもしれない。時々そういう気分になるんだ。分かってもらえないかもしれないけれど」

遠くのカウンターで背の高い黒人が何か大げさなジェスチャーで受付嬢に何かを伝えていた。

私がその様子を見ていると、双子のもう一人が

「わかる気がするわ」と突然言った。

その声は春のモルダウ川のように澄んでいた。


(妄想終了)



……取り乱してしまいすみませんでした。

そんな訳で現実逃避したい気持ちを抑えて、気を取り直して、今からゆりかもめに乗ってビッグサイトに向かいますわ。